読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリギリ生活日記

上京してから数年が過ぎ、仕事もお金もギリギリですがなんとかやっています。

ズボラ人間のローンあるある

人間借金には気を付けようと心では思っていても、普通に暮らしていてカードローンが必要な場面は意外に多く、余計な出費もかさみます。

私はクレジットカード、給与振込兼普段使い用のキャッシュカード、デビットカード、カードローン専用カードを財布に入れ持ち歩いていますが、万が一落としたときや不測の事態が起きた時のことを考えてキャッシング専用カードは別のカードケースに入れて持ち歩いています。

まあ、実際は財布を落すという事はまずないですが、家や職場に置き忘れて買い物に行ってしまった場合や、サイフの中身空っぽで出かける事はよくあります。

そんなときにまず使うのはデビットカード

デビットカードは引き落としと同じ口座ですので、支払い日後に残高は0~数1000円の時がよくあり、そのまま使用すると一時的にお金を借りた形になり「何日までに全額を振り込んでください。そうしないと??%の金利がかかります」という案内が来ます。

金利も立派(大手消費者金融と変わらない)問題無用と言った感じで、逆に不便だなと思い、カードローン専用カードを作り持ち歩くようになりました。

以前は普通にクレジットカードのキャッシング機能を使ったりしていましたが、金利がカードを作った時の売り文句であった低金利から数年後、いつの間にかグレーゾーンぎりぎりに上がっていたので使わなくなりました。

安い金利だとリボ払いで使い続けていたのでいつの間にか上がっていて驚きました。

話しは戻りますが、
大きな買い物の時に準備していた現金が足りないときや、急なお誘いで飲みに行くっことになったときなどは、ATMに走り事業者向けのカードローンを利用します。

私がいつも気を付けなくてはいけないと思いつつ、キャッシングを増やしてしまう原因として1万円単位の引き出しと返済であることがあります。

ちょっと多目にと思って、3万円が必要なところを5万円借りてしまい、そして何日か経つと『つい現金が多く残っている』気になります。普

段は余計に買わないものもカゴに入れてしまい出費がかさみます。

そして、気づかない内に2~3万となっている時もあります。

返済も1万円であるため端数分が積み重なり綺麗に1万円以下にならないと翌月に繰り越してしまっているのです。

私に限らず、ズボラな性格の方には良くある『世の中のあるある』なことなのではないでしょうか。

財布を忘れなければ良いだけの事ですが、そこを忘れてしまう事がズボラであるが故なのです。