読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリギリ生活日記

上京してから数年が過ぎ、仕事もお金もギリギリですがなんとかやっています。

銀行で収入証明書の提出を求められました

銀行を利用していたら、ある日収入証明が必要になるので提出して欲しいと言う連絡がありました。以前に借入を申し込むときに給与の源泉徴収票を提出しているので、それだけのことだと思っていましたが、そうではないらしいのです。継続的に利用している場合には継続的に収入を確認するのだそうです。問題ないと思っていたら、もう既に3年たっていて3年ごとに新しく提出する必要があると言うのです。
そういえばどこかでそういう話を聞いたことがあるような気がして調べてみたら50万円以上の利用がある場合には3年ごとに収入証明が必要なのだそうです。これは銀行だけでなく基本どこでもそういうものだそうです。そのときは年末からあまり立っていなかった所為もありすぐに源泉徴収表を提出することが出来てよかったですが、これは決してなくさないように取っておかないといけないなと思いました。
実は収入がむしろ減っているのですが、今回はそれは問題にはなりませんでした。
借入残高も減っていましたし、それと借りたり返したりを繰り返しているから3年以上たっても未だに大きな残高が残っているのはちょっと反省しました。
もう少し積極的に返済しようと思いました。
老後に「お金で苦しむ人、苦しまない人」の差 現役時の特徴は?
(3)勤務している会社に退職金や企業年金がない退職時にまとまったお金がもらえない、年金の上乗せがないため生活費不足になるかもしれません。 (4)国民年金保険料を払っていない他に老後の収入がなければ老後の生活費の捻出ができないかもしれません。 (5)定年時に (続きを読む)