ギリギリ生活日記

上京してから数年が過ぎ、仕事もお金もギリギリですがなんとかやっています。

銀行のカードローンに申込む

急に出張することになり、まとまったお金が必要になりました。給料日はまだ遠く、貯金もまったくなかったので困っていました
同僚に借りようとも思いましたが、お金がないことを知られるのが恥ずかしかったので、カードローンに申込むことにしました。カードローンならローンカードを持っているだけで、全国どこにいてもお金を借りることができるのが魅力でした。カードローンの申込みをどこにするか迷いましたが、急いでお金が必要だったので審査が早く即日融資もおこなってくれる銀行に申込むことにしました。銀行の申込みは店舗まで行く時間がなかったので、パソコンから申込むことにしました。必要書類は運転免許証を用意していましたが、写真に撮りメールで送信できたのでとても便利でした。
収入証明書は希望借入額が50万円以下だったので、必要なくて助かりました。
審査には職場へ電話をする在籍確認もありましたが、銀行の会社名を名乗ることはなかったので、お金を借りることが周りの人にバレることがありませんでした。
僕は今までに返済遅延や他社からの借入が一切なかったので、無事に審査に通ることができました。カードは自動契約機で発行してもらったので、その日のうちにお金を借りることができて助かりました。

個人向けカードローン破産――自主規制強化だけでは解決しない
メガバンクが、「個人向けカードローン」の自主規制強化に乗り出した。 銀行が無担保で個人に融資するカードローンは、'10年の貸金業法改正で、年収の3分の1を超える融資を禁止する「総量規制」が導入されたが、銀行は対象から外されていた。 その結果、銀行の貸付残高は6 (続きを読む)